所有権と廃車手続きについて

所有権と廃車手続きについて

廃車の手続きをする際は、必要な書類などをそろえる必要がありますが、それだけではありません。廃車にするために、しなければならない重要な事あります。 「車の所有権」は誰なのかという確認です。

自動車検査証に記載されていますが、自動車には必ず所有者というものを登録しなければいけません。 その名の通り、車を所有する立場の人のことを指します。 もちろん全額支払った場合などは所有者は購入者になるわけですが、もしもローンなどで購入した場合は、 所有者はディーラーや中古車販売店、もしくは信販会社などになります。

自分で購入したから所有者は自分では?と思っている人もいるかと思いますが、 実は所有者が販売店などである以上は、購入者は「車を使用する人」であり、所有する人ではないのです。 所有権のない立場の人が勝手に車を廃車にすることはできませんよね。ですので、 もしも所有者が自分ではない場合の廃車手続きは、まずは所有者解除の手続きをしなくてはいけません。

なので廃車にする場合は、まずは必ず自動車検査証を見て所有者が誰なのかということを確認することから始まります。 所有者が本人でしたらそのまま廃車の手続きをスムーズに行うことは可能ですが、もし所有者が異なっているとしたら、 まずは該当者に連絡をしてください。 所有者解除のためには、いくつかの書類が必要です。所有者から、「譲渡証明書」「印鑑証明書」「委任状」を受け取ります。 廃車の手続きは、これらの書類で所有者解除の手続きを行ってからになります。

当然のことながら、もしも車に支払残金がある場合は、所有権を解除するのも難しいですよね。 残金を一括で支払えない場合は、必ず完済するということを前提に所有者と話し合いをすることになりますが、 相手が応じてくれなければ、所有者解除の手続きはとることができません。必然的に廃車にする手続きも不可能になりますので気をつけましょう。 所有者が自分ではない以上、廃車手続きだけではなく、売却することもできません。 日頃から自動車検査証を確認して、もしもの時のために早めに所有者の変更手続きをとっておくことをお薦めします。

車の売却なら無料の車買取一括査定で買取価格を簡単比較→→http://www.lex-cti.com/